豆  腐

 HOME

 

August 12, 2005

 

むかしから,どんな田舎へ行っても酒屋と豆腐屋のないところはないといわれるほと,豆腐は大變庶民的な食べ物のーつです。この豆腐は,日本獨特の食品のように思われますが,これは中國からの輸入品で,今から約二千年も前に中國でつくられたものといわれています。

さてご存じのように豆腐は大豆を加工したもので,別に腐らしたものではありません。ではなぜ豆腐と書くのでしよう。豆腐は淮南王の劉安という人が發明したので,初め「准南」と呼んでいたものです。その後けものの乳から今のチーズのようなものをつくることが考えられ,これを「乳腐」と名付けました。これは「腐」は,あつめるという意味があるからで,この「乳腐」に對して,「豆腐」という言葉が生まれたのだといわれています。

豆腐の傳来について,豆腐は遣唐使のころ,坊さんによって傳えられたという説があり,はじめは主として,貴族階級とか寺院の精進料理にのみ使われていたようで,これが庶民の食品として一般化されたのは,江戸初期からといわれています。

また,豆腐の異名を「オカべ」などといいます。これは豆腐が輸入された當時,宮中の女官たちが,豆腐が白壁によく似ているところから【しらかべ],または「かべ」といったのが始まります。